楽勉

楽勉 〈百玉そろばん〉

なんとも可愛い絵の描かれた文字盤。

そして、赤と黄色の2色使い。

パッケージもかわいらしいですね!お子さんにプレゼントしたら「うわぁ!」って喜びそう。

こちら、親野智可等先生考案のわかりやすい遊び方テキストが付属しています。

とても魅力的ですね。

楽勉 百玉そろばん

これから数をおぼえるお子様へ、なにを10というのか?まずは10まで数えよう。

10の次はなぜ11なのか?10のかたまりが10個でいくつになるのか?など数に対する概念を丸覚えではなくしっかりと身に付けておきましょう。

そうすることで、数に対する地頭がしっかりできて算数が得意になるでしょう。

九九表ポスターも付いています!

 

*背部にスタンドが付いているので写真のように斜めに立ててご使用いただけます。

305mm x 240mm x 45mm

親野智可等先生 が考えたわかりやすい遊び方テキストが付属しています。

まずは 親が一緒に数の数えかたを、声を出しながら 一緒に玉をはじいて 教えてあげて下さい。ここからがスタートです!

急がず、焦らず、無理にやらせずに楽しみながら テキストに出てくる項目にそって遊んでみて下さい。

足し算の基礎になる遊びや引き算の基礎になる遊び、数の分解と合成、繰り上がりや繰り下がりの基礎、最後には九九の基礎まで楽しみながら基礎概念を覚えられます。

また、バックボードを背板部分に差し込むと色々な物を数える単位も覚えられます。

バックボードの裏面は数字が書いてありませんから、覚えた数を数字を見ずに数えることができます。

また、特徴として玉を大人が使うそろばん同様、ひし形にしています。これは玉をはじくのに、指が間に入りやすくはじきやすい形状なのです。

玉が5個単位で色をわけているのはパッと見て数がわかりやすいからです。

なれてくると8個の玉を見て、5個と3個だから8個といった数の合成や5個といくつで8個など数の分解をわかりやすくするなどの効果があります。

 

↓テキストの目次です。

(楽勉オフィシャルウェブサイトhttp://rakuben.com/index.html)

(楽勉オフィシャルウェブサイト商品ページhttp://rakuben.com/onlineshop/hyakudama/index.htmlより抜粋)