幼児~

幼い頃から数の概念を学んでおくと、小学校、中学校になっても数字が体得されているので、算数、数学へ苦手意識をもつことはなくなるようです。

そこで、幼児への百玉そろばんは、数字という抽象の世界を具体化するツールとして大変重要な役割を果たします。

幼児にしても小学生低学年にしても、具体的な数字の概念が理解できず算数にとりかかってしまうと、つまづきを覚えてしまい、数字への苦手意識が根付いてしまいます。

これは克服するのに相当な時間がかかってしまいます。

 

幼児へは遊び感覚で楽しく数字を覚えることから始めることをオススメします。

まず、数そのものを“具体的に”目に見える形でとらえることが必要です。 100個の玉が数そのものを表す百玉そろばんで、まずは100までいっしょに数えてみましょう。

初めは普通に「1.2.3.4.5・・・」と数え、 「10のまとまり」を理解できてきたら、「100.200・・・」と更に大きい数への理解に発展すると後々すんなりと数字への世界が広がることにつながります。

そのうち子どもが「に・し・ろ・や」とか「ご・じゅ う・じゅうご」と数えだすかもしれません。それは自然と、2の段、5の段のかけ算の操作と同じことをしているのです。

 

先にも書きましたとおり、焦って算数の教材を与えてしまったりしては逆効果です。まずは数の概念を学ぶこと。足し算、引き算を意識させずに、まずは、繰り返し楽しく数字を覚えることが先決です。

また幼児は発想が豊かなので、自ら色々な使い方ができます。

百玉そろばんを乳児、幼児の頃から導入して慣れ親しませ、色々な遊びに百玉そろばんを使う習慣をつけておくことで自然と算数好きに育ってくれるでしょう。