そろばんで血流量UP=認知症予防の効果あり!?

そろばんメーカー、トモエさんのHPにはこんなことが書いてありました。

http://www.soroban.com/kaigo.htmより引用させていただきます。

単純な計算が脳の血流量を増やすということは、既に東北大学未来科学技術共同研究センターの川島隆太教授(脳科学)の研究で判明しております。

加えて、そろばんは指を使います。指を使うことで血流量が一段と増加し、認知症予防の効果があるのではと考えております。

 

●そろばんをやることで、集中力や注意力、すばやく情報を処理する力、目で数を認識しイメージする力など、いろいろな力が向上します。

●数を正確に判読し、注意深く珠を動かして計算する作業は、脳はもちろん指先の機能も同時に鍛えることができます。

●そろばんは、人間の機能を高めるのに優れた道具といえます。